韓国と台湾企業のTGC出展

こんにちは、秋ですね。
先月は 東京ゲームショウが開催されました。
いつもすてきなコンパニオンさんが話題になりますね。

このイベントにアジア企業も出展していたようですね。
なんと今年は東京ゲームショウ史上最多となる37の国や地域から企業が参加があったそうです!

韓国パビリオンでは、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)技術をゲームに取り入れたコンテンツ企業のポリーアートや、JSCゲームズをはじめとするゲーム企業など46もの企業が出展していました。
もともと韓国はPC向けのゲームが注目されていました。でも、今回参加している企業はすべてスマートフォン向けのゲームを開発する企業だったそうです。
韓国でもスマートフォンゲームの人気が高く、RPGやパズルが人気であるなど日本とゲームの嗜好が近いことから、スマートフォンゲームで日本進出を目指す韓国企業が多いみたいです。東京ゲームショウに参加することで、パートナーとなる日本企業を見つけたりする目的があるようです。

「台湾ゲーム館」ではゲーム開発会社のほか、グラフィック制作会社、さらにはVR関連の企業など18もの企業が参加していました。
台湾も韓国もスマートフォン向けのゲームアプリを開発する企業が多くを占めていたようです。

ゲームでも「韓国ブーム」や「台湾ブーム」がやってくるのかもしれません。